新倉健太の顔画像とwikiは?さおだけ屋の経歴と素顔が気になる。

シェアする

この記事は約 4 分で読めます。

飯倉健太の恋の渦

元さおだけ屋の新倉健太さんという方がネット上で話題に上がっているみたいです。

ていうか、さおだけ屋がメインというわけではなく、俳優としても活動していたようで、『モテキ』で有名な大根仁氏が監督したインディーズ映画『恋の渦』では主演クラスをやっていたほどだったようです。

その新倉さんが女子中学生にしたある行為が問題になったとのことですね〜 これから先にたくさんの可能性があった彼に何があったんでしょうか?

というわけで、新倉健太さんについて調べてみました〜

スポンサーリンク

新倉健太のプロフィール

本名:新倉健太(にいくら けんた)
年齢:30歳
生年月日:1985年生まれ
出身:東京都武蔵野市吉祥寺北町
職業:無職(元さお竹販売員)

  年齢が30歳ということで、俳優活動もこれからが本番って時なんじゃないかな!?って思いますよね。主役級の仕事もしているわけですし(゚∀゚;)

画像参考:恋の渦キャスト

この役をやっていたからかもしれませんが、見た目はワイルドな感じですよね〜。

恋の渦って映画、インディーズ映画ということで僕は目にしたことがないんですけど、そこで主演クラスを演じるってことは、俳優としてかなり大きな前進をしていたと言えますよね。

そんな俳優として活躍することを目指していた傍ら、さおだけ屋として、東京都昭島市や、静岡県内を回っていたとのことですね。

よくスピーカーで「さお〜だけ〜」なんかの放送で有名?ですよね(゚∀゚;)

まぁ僕は買ったことないんですけど、そもそも本当に売れているのかも微妙ですよね〜。

あれって絶対売れてないはずなのに、なんでつぶれないのか?って知ってますか?

ちゃんと理由があるんですよね〜。 一時期、本でも出てて有名になってましたけど、懐かしいですねw

スポンサーリンク

さおだけ屋が潰れないのはなぜ?

おおまかな手段としては、まずは破格並に安い商品で客寄せをしておいて、興味をもった人に対して、良い物の方が長持ちするから、などという理由で高い商品をすすめたり、ベランダまで持って行って付属品なんかも一緒に買わせるからなんですよね(゚∀゚;)

俗にいう押し付け商法ですね。

あまりまっとうな商売とは言えそうにないですよね〜。

そんな大変そうな仕事をしていたとのことで、さお竹販売の移動に回っている最中に、女子中学生を探していたり、見つけた時は、自宅ではどのような竿を使用しているのかを聞いたりして近づいていたみたいですね。

なんでも、女子中学生に対して、ものすごく固執していたとのことです(゚∀゚;) こういう変わった趣向を持っている人って発散の仕方が難しいですし、間違った方向に行けばすぐにお縄ですね…。

俳優としてもこれからって時にもったいないですよね(゚∀゚;)

まぁさおだけ屋の手口について再確認できたということで、知らなかった人は気をつけるようにしましょうね!