福岡県天神の地面や地下から発生した謎の泡の正体は何か?

シェアする

この記事は約 2 分で読めます。

九州全域に渡る地震の影響で、福岡県の市内中心部において「謎の泡」が発生しているようです。

今朝のニュースで画像を見ましたが、たしかに真っ白なモクモクとした泡が道路一面を覆っていました。

これって人体に影響があるものなの?地下の方がやばいことになってるんじゃないの?

地震に合わさって不安が広がりますが、それにしてもこの泡。

自然界で発生したものにしては泡が統一的というか、化学物質で作られたもののような印象を受けます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

謎の泡の正体は?

なんとも怪しげな泡。

洗剤なのか?ボディソープ? もしかしてこれが液状化というやつ?海から来た逆流してきた?

さまざまな憶測が飛び交っているようですが、この泡の正体は泡消火剤だそうです。

火災時にこの泡が一面を覆うことことで、火が広がるのを最小限に食い止める働きがあるようですよ。

今回の泡の大量発生は、駐車場に設置された消火設備が地震の影響で破裂もしくは誤作動したということです。

人体への影響は?

人体に害があるものではありませんが、 聞いた話だと、消化剤に動物性の骨か脂肪分で作られた粉末のようなものが入っていて 放出されたら辺りの付着したものがベタベタとぬめるようになってかなり始末におえないと聞いたことがあります。

なるべくなら触れないようなルートを選んで通るようにしたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする