新海誠の妻や子供が気になる!次回作や君の名はの実写化についても調査!

シェアする

この記事は約 5 分で読めます。

%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f__%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%b3__%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9__%e3%83%ac%e3%82%b4__%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3_%e3%83%95

どうもこんにちは、僕です。

本日は出張先のホテルでクールに記事を書いています(笑)

こういったいつもと違った環境で取り組むと気持ちも引き締まりますね。

さて、今日のお題はこちら。

映画「君の名は」はすでに社会現象となっていて有名ですが、今回はその映画の監督である新海誠さんについて触れてみたいと思います。

「君の名は」の興行収入は12月7日時点で200億円を突破したとされており、千と千尋の神隠し以来15年ぶりの偉業をなしたと言えます。

第二の宮﨑駿になるのではとの声も挙がっている新海誠監督。

今回はそんな新海誠さんの妻や子供、次回作はどんな作品になるのか?また、「君の名は」の実写化の噂について書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

新海誠の妻や子供について

「君に名は」だけでなく、これまでにも数多くの名作を生み出している新海誠さんですが、彼を支えている妻や子供など、家族の存在が気になります!

調べてみると、新海誠さんは結婚されていて奥さんと娘さんがいらっしゃるようです。

奥さんは、映画女優でもある三坂知絵子さんとのことです。

三坂知絵子さんは1977年8月7日生まれで、山口県下関市の出身です。現在は有限会社ブレスに所属しており、映画や舞台で活躍されているみたいですよ(゚∀゚)

娘さんの詳細については分かりませんでしたが、現在6歳ということで小学校に上がったばかりなのではと思われます。

ツイッターを見てみると、

娘さんの話題もちらほら見かけることができます。

微笑ましいですね〜(´∀`)

次回作は決まっている?

「君の名は」で興行収入200億円突破という快挙を成し遂げた現在ですが、早くも新海誠監督の次回作について期待が寄せられているようです。

スポーツ報知によると、

新海監督は「たぶん(今作と同じように)思春期にいる少年、少女を扱うことになる。3年以内に東宝で新しい作品を作りたい気持ち」と明かした。

引用:「君の名は」監督、新海誠の次回作

3年以内にまた青春ものアニメを作りたいと考えておられるようです。

ということは、すでに構想は練り始めているということなのでしょうね(゚∀゚)

現在でもまだ「君の名は」の渦中にあり、とても忙しい日々を送られていることでしょうけど、次回作にも期待が膨らみますね〜。

スポンサーリンク

君の名は実写化の噂は?

人気アニメや映画などでは「実写化」されることが1つの流れにもなっているここ最近。

「鋼の錬金術師」や「進撃の巨人」などこれまでにも多くの話題となったアニメ作品が実写化されてきました。

「君の名は」もこれほどの社会現象となれば、当然実写化の話が上がるのもうなづけます。

調べてみると、現時点では日本での実写化の情報はありませんでしたが、なにやら中国で実写化されるのでは?という話が出ているようです(゚∀゚;)

日本でも実写化の情報は聞かれていないが、中国のネットやメディアではすでに主要キャストまで伝えられている。立花瀧役には韓流グループEXOの元中国人メンバーで俳優のルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)、宮水三葉役には中国の女優ジン・ティエン(景甜)がキャスティングされる可能性が高いという。

現時点では確証はありませんが、主要キャストまで伝えられているとなると本当に実写化される方向で進められているのかもしれません。

ですが、中国で実写化されるとなれば、原作が日本で作られている以上、作品のイメージや世界観を壊されてしまうんじゃないかと不安になりますよね。

これまでの日本におけるアニメ実写化に関しても、評価の高かった実写化作品が出た例はほとんど見かけません。

実際にネット上でも、「中国での実写化はやめたほうがいい」「せめて日本か台湾でやったほうがいい」などの否定的な意見が多く挙がっているようです。

もし実写化されれば、話題作品なだけあってかなりの注目が集まることになるでしょうけど、「君の名は」が表現している世界観だけは壊さないようにしてほしいものですね。

まとめ

というわけで、「君の名は」監督の新海誠さんについて調べてみました〜。

映画女優でもある三坂知絵子さんが奥さんであること、娘さんがいることがわかりましたね!

また、次回作についてもすでにある程度の方向性が決まっており、早ければ3年以内に見ることが出来るかもしれません(゚∀゚)

秒速5センチメートル、君の名は、と僕もすごく感銘を受けた作品を生み出しているのでこれから楽しみです。

実写化については不穏な空気が漂っていますが、また進展があれば追って報告したいと思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました〜。