雨の日の頭痛の解消法!偏頭痛の原因やおすすめの市販薬は?

シェアする

この記事は約 5 分で読めます。

雨の日の頭痛

「明日、雨が降りそう…」

空を見上げてもまだまだ降りそうにないのに、そう感じることがあります。

お天気が崩れる前、頭痛などの体の不調を訴える人は多いと聞きます。

私もそんな一人で、娘からは「母ちゃんがおったら、明日の天気がわかる」と言われる程(笑)

でも、どうして天気が悪くなると頭痛がするのでしょう?

それには、気圧が関係していると言われています。

ということで今回は、雨の日の頭痛の解消法に関するお話と原因やおすすめの薬についても触れてみたいと思います!

スポンサーリンク

雨の日の頭痛 の原因は?

原因

地球のまわりには、空気(=大気)が存在しています。

普段意識することはありませんが、大気にも重さがあり、地上には常に圧力がかかっています。

これが“気圧”と呼ばれるもので、単位はhPa(ヘクトパスカル)。

天気予報でよく聞きますね。

同じ気圧部分を線で結び、周囲よりも気圧が高いと“高気圧”、低いと“低気圧”と呼ばれます。

『○○hPa以上(以下)になると高気圧(低気圧)』という分類ではなく、周囲と比べて高いか低いか、ということなんですね。

高気圧の下では、下降気流が発生しますので、一般的に雲はできにくい状態です。

逆に、低気圧の下では上昇気流が発生しますので、雲ができ雨が降りやすくなります。

地上にかかる圧力が低くなる(=低気圧)、ということは私たちにかかっている圧力も低くなる、ということ。

晴れているときに比べ、脳内の血管が広がり、痛みの神経を刺激してしまいます。

これが天気が悪くなると起こる、頭痛の原因のひとつだと言われています。

片頭痛持ちの人に、よくみられるのだそうですよ。

すぐに使える解消法はある?

解消法

頭痛にもいくつか種類があり、それぞれ対処法が変わってきます。

間違った方法では、ますます悪化してしまう事も…。まずは自分の頭痛の種類を知りましょう。

緊張型頭痛

同じ姿勢を続けたり、ストレスなどで肩や首の血管が狭くなることによる頭痛。

子どもから大人まで、誰でもなる可能性がある。

対処法→血管が狭くなっているので、広げてあげましょう。

  • 肩や首を温める。
  • ストレッチをする。
  • お風呂にゆっくりと入る。

・片頭痛

原因が不明なことが多い。

血管が広がることで、痛みが発生すると言われている。

光や音、匂いなどに過敏になる。動くと痛みが増し、中には嘔吐してしまう人も。

女性は、ホルモンバランスが原因の一つとも言われる。

対処法→広がった血管を、狭くしてあげましょう。

  • アイスノンやぬれたタオルなどで、こめかみ部分を冷やす。
  • カフェインを含むものを摂る(コーヒーの香りで痛みがひどくなるという人は、緑茶や紅茶を)。
  • 暗い所で安静にする。

頭痛の中には、病気が潜んでいる場合もあります。

  • クモ膜下出血
  • 脳腫瘍
  • 脳内出血、脳梗塞…など。

いつもと違う激しい痛み、しびれや麻痺を伴うもの、意識がもうろうとしている、発熱しているなどの症状があれば、すぐに病院へ行きましょう!

スポンサーリンク

市販薬は使っていい?

頭痛は周りの人に気づかれにくく(…私だけ?)辛いですよね。

ご自分に合う市販薬があれば、それを使用されるといいと思いますよ。

ただ、薬を使いすぎることによって頭痛が起こることがあります。

以下のような症状はありませんか?

  • 月に10日ほどは痛み止めを飲んでいる。
  • 今まで飲んでいた痛み止めが効かなくなってきた。
  • 痛み止めを飲んでもよくならなず、むしろ悪化した。

今は『頭痛外来』などの専門的な診療科もあります。

気になることは、医師に相談してみましょう。

まとめ

私が以前働いていたところは、脳神経外科クリニックの隣にある、調剤薬局でした。

そこでは片頭痛の患者さんに、「チーズやチョコレートは控えたほうがいいですよ」というアドバイスをしていたんですね。

なぜかというと、片頭痛を起こしやすくしてしまうから、なんだとか!

それを聞いて、チョコレート大好きなんですが、一応…控えるようにしています。

私の頭痛は片頭痛タイプですが、曽祖母から代々受け継がれていまして(笑)

遺伝要因は不明だと言われていますが、ここまで続くとちょっとはあるんじゃないかな?と思ってしまいます。

梅雨に入ると、お天気の悪い日が続きます。

痛い時は我慢せず、ゆっくり休んで乗り切りましょうね。